ボクサー犬の噛み癖のしつけ方を詳しく解説しています。

TOP > 関連ページ > 噛み癖について

ボクサー犬のしつけ専門サイト

噛み癖のしつけ方

ボクサーの噛み癖のしつけでは、噛んではいけないものといいものをしっかり判別させることが大切です。

例えば人や動物、スリッパや家具などは噛んではいけませんし、おもちゃやガムなどであればいくら噛んでもいい部類に入ります。また噛み癖はできるだけ子犬のうちからしつけることが大切です。


ボクサーは成犬になるとかなり噛む力が強くなりますから、飼い主さんが噛まれると大怪我をすることもあります。

また噛み癖は環境に慣れないことも大きな原因の一つです。散歩をしっかりさせてあげることも大事ですし、社交性が身についた犬と交流させることでも効果があります。

大型犬とコミュニケーションさせながら、噛み癖を抑制し合うように仕向けることも可能です。始めのうちは血が出るほど噛む場合もありますが、興奮しなければ手足を噛むようなこともなくなってきます。

また噛み癖を矯正してくれるトレーニング施設に預けることも一つの方法です。それなりに費用はかかりますが確実な方法とも言えます。

また噛み癖を治すには主従関係をしっかり教えることが大切です。飼い主さんが下手に回るようなことがないように、リーダーウォークを徹底させたり、また甘えん坊に育てるのもよくありません。

また要求を一切受け入れない姿勢、リーダーは飼い主だとしっかりと立場をわきまえるようしつけをすることが大事です。甘えさせてばかりいると、興奮したついでに噛んでしまったり、構ってくれない時にも噛み癖が出やすくなります。

またボクサーはナイーブなところがありますので、傷つきやすい性格をしっかり把握してしつけていくことも大切です。叱り付けてその場では聞いてくれても、そのことを根に持ってしまうタイプとも言えますので、正しいしつけ方法を実践することです。

もしあなたのボクサーが、なかなか噛み癖を止めなくて困っているのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ方法を実践することがお薦めです。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

このしつけ方法を実践すれば、どんなに言うことを聞かない犬でも、数日の間にお利口にさせることが可能です。もし噛み癖を止めなくて困っている飼い主の方は、下記より内容を一度確認することをお薦め致します。