ボクサー犬のお手入れ方法やシャンプーについてお伝えしています。

TOP > 関連ページ > お手入れやシャンプー

ボクサー犬のしつけ専門サイト

お手入れ方法やシャンプー

ボクサーのお手入れ方法ですが、まず被毛は短くて、滑らかな被毛が密着しているシングルコートのため、普段は軽めにブラッシングをする程度でかまいません。

またボクサーは運動が大好きなため、室内は常に清潔にしておき、散歩などで汚れたらホットタオルなどで汚れを落し、定期的にシャンプーにをしてあげます。

ボクサーは犬の中でもきれい好きなほうで、身体の気になるところをよく舐めたりしますので、あまり気にしているようであればシャンプーを変えてみたり、汚れ落しの方法を変えてみるのもお勧めです。

他には耳のケアですが、ボクサーは垂れ耳犬種と違って、耳の手入れも比較的しやすい犬種です。必要に応じてケアするくらいの意識で問題ありませんが、汚れてくると外耳炎などの病気にかかることがあります。

ですので、定期的に綿棒や脱脂綿などに専用クリーナーをつけて、隙間なく汚れを落としてあげる必要があります。

またボクサーのように走り回ることが好きな犬種は爪のケアも大事です。脚の握りがしっかりしていないと、歩く格好も見劣りしたり、骨格への影響も出やすくなりますので、定期的な爪切りは必須です。

また犬の爪は血管が通っていますので、肉球からはみ出ている部分をきれいに切る程度にして、やすりをかけて上手く形を整えてあげるようにします。

あまり深く切りすぎると、血管を切ってしまい出血することがあります。初めて挑戦する方にはありがちで、犬は一度痛い思いをすると、爪切りを嫌がりなかなかやらせてくれなくなりますので、注意しながらやるようにしてください。

また出血させてしまうことも考えて、爪切りに慣れていない方は脱脂綿や消毒液をあらかじめ用意して行うことをお勧めします。

また汚れを落すためにはシャンプーを定期的にしますが、きれい好きだからといって過度に回数を増やすと皮脂を余計に洗い流してしまい、皮膚を保護するという面から好ましいことではありません。定期的にと言っても、大体月1~2回で済ますのが理想です。

お湯は温めにしてお尻のほうからかけていき、顔の部分は目や耳に入らないように注意しながら手で優しく洗っていきます。また肛門絞りも同時に済ませてしまいます。

ボクサーは短毛ですので、汚れを洗い落としたら夏場などは渇いたタオルで拭くだけでも十分です。またシャンプーも慣れないとなかなか嫌がるタイプが多く、お風呂場などに普段から慣れさせておくことも大事です。

飼い主さんがお風呂場で手足を洗う様子などをボクサーに見せてあげて、少しずつ慣れさせることも個体によっては必要になるかと思います。